やるぞ!会社設立!!-会社の王に俺はなる-

LLPとは

LLPって知っていますか?
よく株式会社とか、有限会社とかは聞きますよね。
それらと、同じような物ではありますが新しい形の物でもあるのです。

簡単に説明をすると、株式会社と有限会社の良いとこ取りをした形とでも言っておきましょうか。
それではよく分からないので、詳しくLLPの事を勉強してみましょう。

LLPとは何だろう

まず、LLPと言うのはどういう意味なのかを説明します。

LLPと言うのは、「Limited Liability Partnership」の頭文字を取ったもので、
日本語にすると、有限事業組合制度と言うものになります。

株式会社とか、有限会社と言うものと同じ物で、
これに有限事業組合と言うのが新しく出来たんだと考えて下さい。

↑top

LLPは何が違うのか

責任の範囲が決まっている

LLPの出資をしている人は、出資をしている分だけの責任を取ればいいのです。
有限責任と言われている部分です。
逆に無限責任と言うのもあります。
これは、責任の範囲が決まっていないものを言います。

例えとして、1,000万円の出資をしたとします。
しかし、会社が1,500万円の損失を出してしまいました。
出資者にも当然その影響が出てきますよね。
もしこれが無限責任だとすると、自分が出資をした1,000万円以外にも、
残りの1,500万円に関しても負担をしないといけません。

しかし有限責任だと、自分が出資をした1,000万円をあきらめればいいだけですので、
残りの1,500万円に関しては責任を持つ必要がないのです。
これが有限責任と言うもので、出資者にとっては出資がしやすくなると言う訳なのです。

↑top

自分たちで決めるルール

普通会社と言うのは、会社を設立した人達が始めに会社のルールなどを決定します。
ですがLLPの場合には、出資者同士で話をしてみんなでルールを決定していくのです。
つまり、自分たちの会社を自分たちで作っていくと言う形になるのです。

さらには、上の人を必ず決めないといけないと言う事もないのです。
つまり、取締役とか、監査役などを決めておく必要がないのです。
言ってみれば、みんなが取締役であって、監査役になると言うような形になるのです。
ですので、出資をしている額によっての配当がきまったりはしないで、
出資額プラスの、その人の能力なども含まれているのです。
出資額が少ないとしても、その会社になくてはならないような能力などがあれば、
出資額が一番高い人と同じような配当もしくは、それ以上の配当を受け取る事もできるのです。
まさに、能力主義と言うことだと思います。

↑top

税金でお得になる

LLPの組織では、その組織に対しては課税がされないのです。
ですので、出資者それぞれに課税をされると言う事になります。
1人1人が会社だと考えて下さい。
会社は課税されますよね。そんな感じです。
出資者が配当金をもらったら、その配当金に対して課税がされます。

普通会社だと、 会社自体にも課税がされますので、
配当される前の金額に税金がかかってきます。
さらに、配当された金額にも課税がされてしまいますので、
2回税金がひかれてしまうと言う訳なのです。

ですが、LLPの組織の場合には、法人とはなっていないので法人税がかからないのです。
1回目の会社にかかる税金の部分が省略される、
つまり税金がかからないのです。

また、営利を目的として動いていると、必ず黒字だけと言うわけにはいきません。
時によっては、赤字になってしまう事もあります。
株式会社などでは、もし赤字になってしまった時には、
会社に対しては課税されないのですが、やはり、配当の部分には課税がされてしまいます。

しかし、LLPの組織の場合いは、組織自体には赤字でも課税はされません。
配当の部分に関しては、もし組織が100万円の赤字だとします。
それで配当が300万円だったとします。
この300万円に対して課税がされるのではなく、
300万円から赤字の分の100万円が引かれた、200万円の部分に課税がされるのです。
すごい事だとおもいませんか?
100万円はそのまま貰えると言う計算になるのです。
これが株式会社だと、300万円にそのまま課税されてしまいますからね。

↑top

check





Last update:2019/7/10