やるぞ!会社設立!!-会社の王に俺はなる-

会社設立の注意点

会社を設立する為に、色々と手続き等が必要になることは分かったと思います。
その時に注意をしないとやり直しになったり、
会社の設立が出来なかったりするケースもあります。

そのような事をおこさない為にも、注意点というものをしっかりと理解しておきましょう。

事業の目的について

事業の目的と言うのは、今から設立をする会社ででのような事をするのかと言うことです。
何かを販売するのか、サービスを提供するのか等があると思います。
これらは、必ず書いて提出をしないといけないのです。
また、目的は、どれだけあってもかまいません。

たとえば、今から始めようとする事業を書いて、
将来的にこの事業にも手を伸ばしたいと言う事も書いていても大丈夫なのです。
別に、書いたからと言って、必ずこの事業をしないといけないと言う事はありません。
ですので、もしかしたら、このような事もやるかもしれないと言う事も書いておくといいでしょう。

↑top

注意点

始める事業によっては、許可などが必要なものもあります。
始めに作成をした定款には、これから始める事業の内容を書いています。
その書いている事業以外の事をすることは出来ないのです。

もし、他の事もしたいとなったときには、また手続きをしないといけなくなります。
この手続きのやり直しをする時にも料金がでてしまいますので、始めにいくつか決めておくと良いのです。
また、目的には次のような事を守っていないとダメです。

↑top

法律にかからない

事業の内容は法律に引っかかってはダメです。
悪い事はしてはダメだと言うことですね。
麻薬を売りますとかの会社を作る事は出来ないのです。

また、資格をもっていないのに、この資格が必要な会社を設立する事もできません。
電気の免許を持っていないのに、電気修理の会社を設立する事はできないのです。

↑top

利益を上げる

会社を設立するので利益をあげないといけませんし、利益を上げるから会社なのです。
ボランティアのための会社を設立する事はできません。
ボランティアは利益を上げる為のものではないですからね。
お金を借りて、支払い過ぎていたりしませんか?ケースによっては過払い請求というものもありますよ。

↑top

内容がハッキリしている

事業内容を誰が見ても、なにをする会社なのかが分からないといけません。
曖昧な表現は駄目と言う事なのです。

たとえば、パソコンの修理と書かれていれば、パソコンの修理をする会社なのだと言う事がわかりますが、
パソコンを見たりすると書かれていては、見てどうする会社なのかサッパリ分からないですよね。

↑top

会社の名前

今までの会社法では、同一の市町村では、
他の会社が使用している名前や、似た名前を使う事は駄目でした。

しかし法律が変わって、同一の市町村でも、
住所が同じではなければ、使えるようになったのです。

ですが、自分の会社と同じあるいは似た名前の会社が別に出来て、
そのせいで売り上げが落ちたりしたら、元からあった会社はおもしろくありません。
訴えられてしまう可能性もあります。

それを避ける為にも、やはり他の会社の名前と同じ
あるいは似ている名前は付けないようにしたほうがいいでしょう。

↑top

定款について

定款は会社のルールですよね。この定款は必ず作らないといけません。
また、内容には、必ず書かないといけない事もあります。

それは、絶対的記載事項と言われている内容です。
これは必ず書かないといけません。
更に、相対的記載事項、任意的記載事項というものもあります。

絶対的記載事項
★事業の目的 
★会社の名前 
★会社の住所 
★出資される金額 
★会社を設立した人の名前と住所

相対的記載事項
★資本金
★株式の中身
★取締役の任期延長
★株式を譲渡制限している場合には制限の内容 
★会社を設立した時の取締役・監査役・会計参与の名前
★現物で出資をしてくれる人の名前、住所、出資をする物の名前、出資をした数、出資をした物の値段

任意的記載事項
★営業の年度 
★宣伝のやり方
★役員の給料の決め方 
★取締役・監査役の資格 
★出資をしてくれている人への配当金の支払い 

上記の3つの記載事項を作成しましょう。
この定款は3枚準備をします。

何故3枚かと申しますと、下記に使用するためです。

・公証人から認証を貰う為
・設立登記申請時を提出するときに必要
・会社で保管をする為

↑top

注目サイト


ボート免許 大阪


合宿 免許 激安



最終更新日:2019/5/31